サッカーのトレーニング

小中学生のサッカートレーニング

プロの選手はどうやって上達したのでしょうか。
プロ選手のトレーニングははどのようなものなのか、調べてみました。

基本テクニックの繰り返し

中村憲剛選手は、小学生のころ、リフティング、トラップ、ヘディング、いろいろな種類のキックなどを繰り返し、とにかく基礎練習をみっちりしたそうです。


高校生になっても、基礎練習を怠らなかったとのこと。
基礎練習の大切さは、他の選手も指摘しています。


基本の大切さがわかります。
ゲームをする
サッカーの目的はゴールです。
ミニゲームを繰り返し、ゴールに向かう感覚を養います。
ここで大切なのは、人数。
ボールタッチが多いほど上達します。
少人数で練習すればボールタッチはもちろん増えます。実際、小規模なクラブチームの選手は、ボールタッチが多いので上達が早い場合も多いのです。
ですから、ピッチ一面を使って多い人数でゲームをするのではなく、半分の面積でも少ない人数でボールタッチの回数を増やすことが重要です。

努力
アジア杯決勝のオーストラリア戦でみごとなボレーシュートを決めた李選手は、小学生1年生のときから、おばあちゃんにボールを毎日1時間投げてもらって、ボレーの練習をしていたそうです。その長年の努力があのボレーシュートにつながったと言えます。
天才と騒がれているガンバ大阪の宇佐美選手ですが、小学生のとき、平日4時間、休みの日は7時間、トレーニングしたそうです。

ブンデスリーガで活躍している香川選手は、中学生の時、1日10時間トレーニングしていたそうです。
継続して努力できることが才能だといえます。

小中学生向けサッカー練習法

元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法。
基本から応用までしっかり身につきます。。


>>  公式サイトはこちら